リハビリテーション

リハビリテーション

リハビリテーションでは、身体的能力の低下や障害のある方に運動機能や日常生活活動の回復が出来るように援助していきます。退院後も外来、訪問、通所リハビリテーションなど維持期(生活期)のリハビリテーションも提供しています。

当院では、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が各職種の専門性に応じて治療・訓練を行っています。

理学療法

  • 運動機能を維持・改善するための運動の実施・指導
  • 起きる、坐る、立つ、歩くなど基本的な動作の練習・指導
  • ご家族への介助方法の指導、福祉用具の調整、住宅改修のアドバイス等

作業療法

  • 着替え、排泄(トイレ)、入浴など身のまわり動作の練習・指導
  • 洗濯、掃除、調理など家事動作の練習・指導
  • ご家族への介助方法の指導、福祉用具の調整、住宅改修のアドバイス等

言語聴覚療法

  • コミュニケーション(話す、書く、読むなど)、食べることの練習・指導

部署紹介

当院のリハビリテーションスタッフは、理学療法士11名、作業療法士4名、言語聴覚士2名の計17名(2013年4月現在)が在籍しており、入院・外来・通所リハビリテーション・訪問リハビリテーションでの職務に当たっています。一人ひとりの症状や体調に合わせた治療や訓練を提供し、また障害や生活環境に合わせた環境設定や介護サービスの提案などを行っていきます。

部署紹介の画像

かわな病院訪問リハビリセンター

かわな病院訪問リハビリセンターでは、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が通院・通所が困難な方や、身体機能や住環境に合わせて、実際の生活場面で活かせるリハビリテーションを行っています。利用対象となる方は、介護保険の認定(要支援1~2、要介護1~5)を受けた方です。介護支援専門員を通してお問い合わせ下さい。