診療科紹介

診療科紹介

内科

当院の内科では一般的な内科診療から、以下の専門科による内科診療を行っています。

腎臓内科

慢性腎不全、急性腎炎、ネフローゼ症候群などの一次性腎炎、種々の原因による急性、慢性腎不全、また、糖尿病などに続発する内科的腎疾患を扱います。
健康診断などで血尿または蛋白尿が発見されたとき、無症状だから様子をみてみようと考えたり、自己判断による治療に頼ったりするのは危険です。当院・当科で必ず専門医の診断を受け、治療が必要かどうかご相談ください。

人工透析内科

透析患者様に多く見られる循環器、消化器、整形外科、糖尿病、脳梗塞などの肝臓疾患以外の疾患に対して当院では、各疾患の専門医に診察を仰ぎ総合的に診療を進めることができます。必要に応じて入院透析も可能です。
当院の人工透析内科は、維持血液透析だけでなく、緊急透析、各種血液浄化療法にも対応しております。

消化器内科

消化器内科では、消化管の疾患と、それにつながって働く肝臓・胆のう・膵臓などの臓器を合わせた消化器疾患の内科的診断治療を行います。 消化器症状と思われていても脳神経や循環器、呼吸器疾患、泌尿器など、他の領域の疾患が原因として隠れている場合もあり、各科との連携をとった治療を心がけています。

糖尿病内科

糖尿病は、初期の段階では無症状のことが多く、気付かないうちに病気が進行してしまいます。その結果、視力障害や神経障害、腎障害などの合併症や心筋梗塞、脳梗塞にもつながることがあります。 これらの合併症を防ぐためには、きちんとした診断と必要に応じた治療を受けることがとても大切です。
食事療法、運動療法、薬物治療(内服薬・インスリン導入など)を患者様の体質や生活背景に合わせ、栄養士や看護師、理学療法士と連携しながら治療しています。必要に応じてインスリンを導入することも出来ますのでご相談下さい。

皮膚科

当院の皮膚科では、一般的な皮膚疾患に対して外科的な治療・処置を主に行っています。皮膚疾患についてご相談がある場合は、お問合せもしくは皮膚科外来へご来院ください。

リハビリテーション科

当科では、理学療法士・作業療法士・言語聴覚療法士を擁して、主に入院患者様のリハビリテーションに携わっています。
脳血管障害の急性期、整形外科疾患の急性期、頭部外傷、リウマチ性疾患、呼吸器疾患、循環器疾患、外科周術期など、各種疾患で当院に入院中の方の必要に応じてリハビリテーション医療を提供し、皆様の早期回復の一翼を担っております。

放射線科

当科での検査としては、単純X線撮影の他、CT、超音波、骨塩定量、消化管・血管造影を行っています。インターベンション(診断方法を利用した治療)も行っています。

血管外科

当院のシャント血管外科センターは、優秀なスタッフとともに最新の医療設備を充実させ、診察当日に手術日程の決定が可能です。
患者様のご希望にできる限り沿う形での手術を行えるよう心がけております。
新規作成、閉塞症例を含め、可能な限り迅速に対応いたします。
近隣医療機関からの依頼にも迅速かつ適切な連携を図り、治療体制を整えています。

心療内科

「心療内科」は、様々なストレスが原因で主に「からだ」に症状が現れる場合、その症状や病気を治療する科です。
内科的な病気は見つからなかったが、最近強いストレスを感じる出来事がありそれ以降「からだ」の調子が悪くなった、それまでは全くそんなことがなかったのに…、というような時、心療内科を受診されてみることをおすすめします。

泌尿器科

当科は泌尿器科全般(尿路・男性生殖器の腫瘍性疾患[腎癌、腎盂・尿管癌、膀胱癌、前立腺癌など]、尿路結石症、尿路感染症、排尿困難・頻尿・尿失禁等の排尿障害[前立腺肥大症、過活動性膀胱など]、性機能障害、男性更年期障害など)を対象としています。
確立された標準治療を原則として、さらに各人にあった治療法を患者様ご本人およびご家族と相談のうえ適用しています。

整形外科

整形外科とは人体の運動器官を造り上げている骨・関節・筋肉・靭帯・腱・血管・神経・皮膚・皮下組織などの病気や外傷(ケガ)を取り扱う医学の専門科で、これらの傷病について診断・治療をします。
具体的には、すり傷、切り傷に始まり骨折、脱臼、捻挫、椎間板ヘルニア、関節リウマチ、さらには手術が必要となる病気や外傷と多岐に渡ります。
患者様、病気ごとに治療法は異なりますので、詳細は医師におたずねください。

神経内科

神経内科は脳や脊髄、神経、筋肉の病気を診る科です。体を動かしたり感じたりする事や、考えたり覚えたりすることが上手にできなくなった時にこのような病気を疑います。 症状としてはしびれやめまい、うまく力がはいらない、歩きにくい、ふらつく、つっぱる、ひきつけ、むせ、しゃべりにくい、ものが二重にみえる、頭痛、かってに手足や体が動いてしまう、もの忘れ、意識障害など多岐にわたります。 まずは神経内科でどこの病気であるかを見極めることが大切です。

眼科

目の疾患は、痛みや見えにくさを伴い気付きやすい疾患から、症状として現れにくく見のがされやすいものまで多岐に渡ります。患者様ひとりひとりの訴えによく耳を傾け、わかりやすい言葉と画像を用いて、受け入れやすく説明していくことを心がけています。

循環器内科

循環器内科は、狭心症・心筋梗塞・心不全・弁膜症・心筋症・不整脈・大動脈瘤・大動脈解離・末梢血管の閉塞性疾患など、心臓や血管の病気を対象としています。
早期の診断・発見のためにも、お早めにお問い合わせください。

リウマチ科

慢性関節リウマチは、関節の痛みを伴い長い経過をたどる病気です。 病気について、正しく理解し治療薬による関節痛を緩和したり、進行を止める治療法を用いてリウマチと向き合うことが大切です。
病気を早期に診断し治療を始めることが大切です。

内分泌内科

内分泌疾患は、下垂体・副腎・甲状腺・副甲状腺などのホルモンを分泌する臓器を主に診療します。
内分泌臓器の腫瘍や炎症だけでなく、目に見えないホルモンの異常などを総合的に診断・治療していきます。
あまり自覚症状がなく、症状だけでは診断が難しい病気もたくさんありますので、お早目の受診をおすすめします。

精神科

精神科は、躁うつ病、統合失調症など、主に精神的な症状が強く現れる精神障害の治療を行います。
「何となく気分がすっきりしない」「人前に出ると緊張する」「他人の視線が気になる」「電車の中で圧迫感を感じて途中で降りてしまう」「職場に出られない」「心配事があると下痢をしてしまう」「記憶力が落ちた」など、 気になる症状がある方は医師にご相談ください。